img_title01

井戸改修工事

井戸の性能低下(水量の減少や水質の悪化を含む)は、多くの場合、井戸のメンテナンス不足が原因と考えられます。長い間、快適に井戸を使うためには、自動車の車検や定期点検と同じように、井戸の定期点検や改修工事が不可欠です。

1.事前揚水試験

工事前に井戸及び設備の能力試験を行います。

2.事前テレビカメラ

改修工事には、事前にテレビカメラ(ビデオ撮影用)を井内に降下させケーシング管(井戸側及びストレーナー)の現状を目視し、改修方法を検討するものです。

写真:事前テレビカメラ

3.ブラッシング

ケーシング管直径に相当するホイルブラシを上下させ、ケーシング内側のスケール及び錆等の除去を行う。その後薬品を井内に投入撹拌し、ストレーナー(取水孔)の目詰まり等を解消させる。

4.スワッピング

ケーシング管の直径に近いスワップ玉を投入し、井水に衝撃を与え目詰まりを解消させる。

5.仕上げ

スケール・錆・埋没物をエアーリフト方式等で井外に排出する。また、薬品残量及び井内衝撃で井水に濁りが生じるため、水中ポンプで清水になるまで揚水する。

6.事後テレビカメラ

3~5項が完了した時点で工事後のテレビカメラ撮影を行い比較検討を行います。

7.事後揚水試験

事後の井戸能力試験を行います。

8.完工の確認

事前・事後の能力回復状態を比較し完工と致します。

9.二重管仕上げ

テレビカメラで判明した井戸側管及びストレーナーの状態で使用に耐えられないと判断した場合は、二重ケーシング仕上げで再生する事も有効な手段です。

*テレビカメラ撮影無しでも井戸改修工事は可能です。

写真:二重管仕上げ

ページのTOPへ戻る

株式会社 神奈川ボーリング工業
〒243-0426 神奈川県海老名市門沢橋 6-17-28
0120-38-0115 受付時間9:00~18:00(月~土) FAX:046-238-3177(FAXは24時間受け付けしております。)